稚児岩(ちごいわ) 秋田県の民話→ 秋田県情報

稚児岩(ちごいわ) 秋田県の民話→ 秋田県情報 

 むかしむかし、深沢山(ふかざわやま)と呼ばれるあたりを、どこかの国の殿さまの行列が通りました。
 ちょうど秋晴れの気持ちの良い日だったので、殿さまは馬の背中であたりの景色を楽しんでいました。

 殿さまがふと上を見上げると、そばの崖っぷちの上の方に大きな岩があります。
 それを見て、殿さまが言いました。
「だれか、あの岩を登れる者はおらんか?」
「・・・・・・」
「うん? だれか、おらんか?」
「・・・・・・」
 家来たちはだまったまま下を向いているばかりで、誰一人名乗り出る者はいません。
 それもそのはず、もしあんな高いところから滑り落ちでもしたら、命がなくなるからです。
 するとその時、どこからか一人の子どもが現れて、殿さまに言いました。
「お殿さま。わたしが登ってみせますよ」
 子どもはみんなの見ている前で着物のすそをまくったかと思うと、まるでサルのように険しい岩をするすると登っていったのです。
 それを見た殿さまは、大喜びで言いました。
「見事、見事じゃ」
 殿さまはさっそく、子どもにたくさんのほうびをとらせました。

 この子どもは深沢山のお堂に住む稚児(ちご)だったので、それからはこの大岩を『稚児岩』と呼ぶようになったそうです。

おしまい

Nguồn: http://www.sachnhat.com

One thought on “稚児岩(ちごいわ) 秋田県の民話→ 秋田県情報

  1. Pingback: Truyện kể mỗi ngày « nhatban109

Gửi phản hồi

Mời bạn điền thông tin vào ô dưới đây hoặc kích vào một biểu tượng để đăng nhập:

WordPress.com Logo

Bạn đang bình luận bằng tài khoản WordPress.com Log Out / Thay đổi )

Twitter picture

Bạn đang bình luận bằng tài khoản Twitter Log Out / Thay đổi )

Facebook photo

Bạn đang bình luận bằng tài khoản Facebook Log Out / Thay đổi )

Google+ photo

Bạn đang bình luận bằng tài khoản Google+ Log Out / Thay đổi )

Connecting to %s